美容師ママの子育てお悩みブログ

ベテラン美容師の新米ママが育児、美容、妊娠、家計等のお悩みに明るく向き合っていく様子を綴っていきます。

幼児教育のお悩み

乳幼児向け英会話スクールのやってみてわかった効果とは!?

投稿日:2017年7月7日 更新日:


こんばんわ、ひろです。

以前、このブログで娘(2歳半)が生後8カ月から英会話スクールに通っていることをご紹介しました。

毎週土曜日の午前中に、1レッスン40分の通学型クラスに通わせているのですが、すでに英語ソングを10曲くらいは歌えるようになっていて、クラスの見学にいらっしゃった親御さんにとても驚かれます。

ABCソングは2歳になった直後くらいから歌っていました。

家でも英語の絵本を読んでいて、リンゴとappleや、蝶々とButterflyのように日本語と英語をそれぞれ対で言えるようになっています。

言語が異なることもすでに理解しています。

ですので、今のところとても乳幼児期の英会話スクールの効果が出ていると思います。

小学校5・6年生で英語の授業が必修化したこともあり、いま英語を習う子が急増しています。

さらに2020年からは小学3年生で英語教育が始まります。

しかし、それでは少し遅いとも言われています。

言語教育は乳幼児期から始めると良いとされ、定期的に英語に親しむ環境はとても効果的なようです。

特にリスニングについては、英語特有の周波数に耳が対応できるのは3歳までと言われているようで、日本人が不得意な「L」「R」の音の違いなども、この時期にネイティブの発音を聴いておくことが重要です。

これは人間の脳の約80パーセントが3歳までの間にできあがるためです。

英語のリスニングが苦手な人は、スピーキングもいわゆるカタカナ英語的な発音になってしまうことが多いようです。

聴けない音を言葉として再現できるわけないですよね。

しかし、幼児期から英語教育を始めると、とても自然な発音が身に付けられます。

私は英語は今後かならず必要になると信じていますし、子供の可能性を広げるという意味でも引き続き、力を入れたいと思っています。

今は0歳から通える英会話教室もありますし、カリキュラムも楽しみながら効果的に英語に触れられるように設計されていますので、ママが英会話ができなくても安心です

子ども英会話ペッピーキッズクラブは、全国1300教室、9万人の子どもたちが楽しく通う英会話スクールです。

[Link] 全国1300教室の子ども英会話教室ペッピーキッズクラブ

子ども英会話ペッピーキッズクラブの特徴

外国人講師+日本人講師

日本人講師だからこそ理解できる、英語習得における弱点をフォロー。4回のうち1回がネイティブ講師とのレッスンで、学んだことを実践できます。ネイティブの発音に触れながら本当の英会話に触れることができます。

発音習得方法

リズム感をベースに手の動きや指を使って発音のイメージを覚えたり、舌の動かし方を身に付ける発音習得方法は日本でペッピーキッズクラブだけです。家庭でも使えるオリジナル教材と、教室でのグループレッスンで子ども達の『英語耳』を育ててくれます。リズムにのせた「歌」や「手あそび」は、子供たちのやる気を引き出してくれます。

楽しいイベントも充実

海外イベントやハロウィンレッスン、クリスマスレッスン、サマースクールなど外国文化を体験できる機会が盛りだくさんでパパママも楽しめちゃいます。目標に向かって充実して英語学習をするためには、楽しいイベントは欠かせませんよね。

レッスン参観&懇談会

1年に3回の参観日があり、クラスの雰囲気やお子様の様子、学習の成果などを確認できます。お子様一人一人に合わせたケア・サポートが出来る担任制なので安心です。学習のプロセスを詳しく報告してもらえるとともに、ご家庭でも英語に触れる機会を増やせるように、上手な復習の仕方や教材の活用方法について教えてもらえます。

ゆくゆくは中学の英語の授業はすべて英語で行われるようになります。

乳幼児期から英語教育を始めることは今や決して早くはないですし、今後は当たり前になっていくと思います。

まずは気軽に体験レッスン♪子供たちの未来が変わるかもしれませんよ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村テーマ 子育てを楽しもう♪へ
子育てを楽しもう♪

-幼児教育のお悩み

執筆者:

関連記事

子供の教育について 【英会話編】

こんばんわ、ひろです THE国内企業につとめている旦那が数年前から急に海外の仕事を始めたことをきっかけに頑張って英語を勉強しなおしている姿をみて、これからは英語ができないと生き抜いていけない時代になる …